ナイトワークでバイトをしたいけれど、キャバクラとガールズバーのどちらで働けばいいか迷うところです。 この二つは似ているようで実は大きな違いがある仕事です。 その内容や収入をよくチェックして、自分の働き方にあっている方を選びましょう。 キャバクラの魅力はなんといっても収入の良さです。
キャバクラは、バリバリ働いて実力で収入アップしていきたいという方に向いている仕事です。 キャバ嬢には一般的にノルマがありますし、お客様からの指名が入ればその指名料分が自分の収入になります。 お店が始まる前の時間帯をお客様とデートして過ごして、そのまま出勤することを同伴と言いますが、キャバクラはこのような同伴やお店が閉まったあとのアフターというお出かけなどを積極的に行い、営業をかけてお客様からの指名を貰うほど、収入がどんどんアップしていきます。
もちろん同伴やアフターの後にはお礼のメールを入れたり、お店へのお誘いのメールを入れたりしてこまめな営業も欠かせません。 お店ではお客様の隣に座り接客をしながらお酒を飲んでいただくのですが、お客様がまた来たいと思えるような接客が必要になってくるので腕の見せどころです。 もちろん努力すればするほどお金をたくさん稼げますし、貯金もできますから、目標金額が貯まるまでキャバ嬢として頑張るという方も多いのです。

一方ガールズバーは、飲食店での勤務ということになり、バー越しにお客様にお酒を作って接客するといういわゆるバーテンの仕事が中心になります。 お客様に接近しての接客が不安だという方は、ガールズバーならお客様と一切触れ合うことなくバー越しの接客ができるので、安心して働くことができます。 ガールズバーは基本的にノルマや指名制度がない店が多いので、そうしたストレスを抱えずに働くことができますし、時給も一般のアルバイトよりもずっと良いので短期間で稼ぐことができます。
ガールズバーは深夜営業が認められているので、夜間にしっかり長時間働きたいという方にも向いています。 一口にガールズバーといっても制服にはさまざまなタイプがあり、お店によってカラーが違うのでその点は注意して選んで自分が働きやすい店を選ぶようにしましょう。 ガールズバーとキャバクラはどちらも新しい世界が開ける、女の子ならではのさまざまな経験が積めるお仕事と言えるでしょう。 お金を貯めたい、留学したいなどの目標があればさらに頑張って短期間で稼ぐことも可能です。

これで分かるように、それぞれにメリットもデメリットもあります。 どちらを選ぶのが正解ということはないので、自分にとって優先したいことを選んで良いでしょう。 これまでの説明でナイトワークが未経験であるなら、楽そうなガールズバーにした方が良いと思われるでしょうが、その考え方は間違いです。
ガールズバーアルバイトが人気な理由は、ただ単純に楽そうだからという理由ではなく、全てのナイトワークの基礎が詰まっているからです。 ガールズバーで身に付けた技術はキャバクラでも活きてくるのです。 なので、キャバクラでなかなか成果が出ないとかナンバーワンを目指したいとか強い気持ちを持った子が一度ガールズバーに修業にくることだってあります。 キャバクラは未経験でもガールズバーの経験を積めば、いざ、キャバクラで働くときにキャバクラの経験しかない子には負けない力がついているはずです。 キャバクラ嬢が明日からガールズバーで働くのは大変ですが、ガールズバーで働いている子が明日からキャバクラで働くことは簡単なことなのです。 そういう女性には是非キャバクラ求人を活用して夜の世界で羽ばたいてもらいたいものです。
しかし、あくまでもインコースが取れたに過ぎないので結果が出るかはそこからの努力次第です。 そして、その身についた技術は昼職で最も重要視されるコミュニケーション能力なのです。